So-net無料ブログ作成

AVIファイルからMPEGファイルに変換情報 [ファイル変換]

ここでAVIからMPEGに変換する方法を説明します。

まず、それぞれの拡張子の特徴を見てみましょう。

MPEG:映像データの圧縮方式の一つ。ISOにより設置された専門家組織の名称がそのまま使われている。画像の中の動く部分だけを検出し保存するなどしてデータを圧縮している。MPEG-1からMPEG-4までの各規格が定められており、再生品質はMPEG-1がVTR並み、MPEG-2がハイビジョンテレビ並みである。

AVI:Microsoft社が開発した、Windowsで音声付きの動画を扱うためのフォーマット。Windows上でマルチメディアデータを格納する際に用いられるRIFFというフォーマットを応用し、画像データと音声データを交互に折り混ぜた構造になっているところから、この名前が付けられている。

動画変換 aviからmpeg変換(エンコード)

aviは動画一般的な動画形式として再生できるプレイヤーも多いのですがmpegに変換することでより対応デバイスも増やすことができます。
Wondershareのsoftwareでは「メディア変換」を使うことでAVI MPEG 変換を実現することができます。

STEP1:動画の取り込み
メディア変換に変換したいaviのファイルを読み込ませてください。ファイルを開くから取り込むか、直接ドラッグ&ドロップして取り込むことができます。

STEP2:動画の編集
メディア変換では高機能編集機能も搭載されています。編集機能には、部分拡大、エフェクト、透かし、字幕の追加などホームビデオで撮影した動画などには特にお役に立つ機能が満載となっています。

STEP3:AVIファイルの動画変換
全ての作業が終わったら最後に、変換形式をMPEGに設定します。Wondershareの動画・音楽変換6プロは、AVIをMPEGに変換の中で、すでに最適化された詳細な設定がプリセットされているので、ユーザーは目的の変換形式、デバイスを選ぶだけです。フリーソフトには出せない利便性がここにあります。

最後に変換ボタン押すと、メディア変換に搭載された変換エンジンが高速にファイルを変換します.


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。